2006年01月16日

脚質ってありがたい

特に厩舎の構成に変化がないままの私の厩舎。
いい加減、引退馬整理しようと思ってもあれも残したい、これも…ということで残ったまま。
じゃ、その残したい馬同士配合して纏めろよ、とか思っても。

厩舎の馬、どう配合してもやや危険以上(苦笑


…全然あかんがな(´д`;

そも、オークス待ち2頭の時点で間違ってるんだっつーのw

それでもまぁ、1頭だけ頑張ってくれました


前回の記事で別配合の長男として紹介した馬。名をヴァルビーダッシュといいます。

…なんで、今になってビーダッシュなのでしょうか?(笑
名前付けるときは大抵、冠名+その場での気分(頭になんとなく浮かんだ単語、等)なので
こぉいう時代外れな名前が多々ありますw

で、一応3×4はあるのですが…このクロス、ノーザンダンサーです。
そもそも、父親はディンヒル(HTC)ですw
ついでに言うと、本当は牝馬が欲しかったんです。勝負までのつもりがなかったから。
本当は牝馬をゲットして即繁殖にあげて、次世代でサッカーボーイでも配合してみて

ノーザンテースト3×4、ノーザンダンサー4×5×5、ディクタス×ノーザンダンサー(相性良さ気?

…なんていう、夢を見たかったのです(ぉ
サッカーボーイ産駒で札幌記念レコード勝ちしたくて…って、ないけどねw

とりあえずそうしてみたくて配合したのに、見事に裏切られ。
しかも、前の記事であったように、500万下で無印のPLに見事に負ける(しかも適正距離で
一応R3OPは勝ったものの…期待する気が起きません。着差も微妙でしたし。

そして、R2。G1なんかはハナから諦めラストで東京スポーツ杯で2着。
1着ならR2重賞が後2つで埋まるところまでいけたのに2着。
3着なら京成杯とか、(初戦でセガC勝ってても)R1の2走目に未所得のR1重賞に向かえたのに2着。
……うわ、最悪(´д`;

そして、R1。セガC2連勝でNZTに最終戦で挑戦。やはり、G1は諦めてますw

doco0601152007250.jpg

2番人気。1番人気の馬と私の馬の2人だけ最終戦でした。他の方はマイルC狙い…でしょぉかね。
しかし、この脚質の偏りよう…w

doco0601152008320.jpg

当然のように大逃げ状態になってしまいましたw
この後も徐々に差を広げ…残り800前後が一番差が開いていた気がします。

doco0601152010020.jpg

猛追されたものの何とか押し切り。いやぁ〜…展開の有利って大きいですねっ
posted by ヴォルト at 01:11| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11810563

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。